貧血サプリ徹底調査ランキング

貧血のQ&A その4

貧血の人はレバーを食べた方がよい?

 レバーは体内への吸収率が高いヘム鉄を大量に含まれているので、進んで食べましょう。100gに含まれる鉄分は、豚レバーがもっとも多く13mg、鶏レバーが9mg、牛レバーが4mgとなっています。おすすめは豚レバーです。
 ただし、肝臓には飼料の汚染物質が濃縮されて蓄積している、あるいは悪性のウイルスが集中している危険もあるので、信用のおける店のものを選びましょう。なるべく生では摂らないように。
 新鮮なレバーは牛、豚、鶏とも鮮やかな赤褐色で、見るからにハリがあり、弾力がある。新鮮なうちに調理をしましょう。

鉄のフライパンで調理するほうがよい?

 はい。鉄製の調理器は温めるだけで、表面から溶け出した鉄分を加えることになり、鉄剤を補足しなくても、鉄分の補給ができる。 さらに煮込み料理で酢をいれると、鉄分の吸収がよりよくなる。レバーもできたら、鉄のフライパンで調理するのもよい。