貧血サプリ徹底調査ランキング

貧血の症状や解決方法の口コミ体験談ページ24

妊娠中に貧血がひどくなりました。(2013年3月21日)

 私は妊娠をする前は貧血とは全く無縁の生活でした。けれど、長男を妊娠中に産婦人科の検診で貧血を指摘され、全く自覚症状がありませんでしたが日常生活の食事などに気をつけるようになりました。

 とにかく鉄分の多い食品を摂らなくてはと思い、豚のレバーやほうれん草、ひじきなどを積極的に摂るようにしました。 色々調べたりもしたのですが、とりわけ豚のレバーは鶏肉や牛肉のレバーに比べて圧倒的に鉄分が多かったので、レバーは必ず豚のレバーを選びました。

 ひじきなども好きな食材だったので煮つけにしたり、サラダにしたりして良く食べるように気を付けました。

 自分なりに一生懸命食生活に気を付けていたつもりでしたが、妊娠中期頃になると、血液検査でまた貧血がを指摘されてしまい、がっかりしてしまいました。やはり普段の食事から鉄分を充分に補う事は難しいのだと、その時に思いました。

 病院からは貧血防止に鉄剤を処方されて、飲むようになったのですが、鉄剤を飲むと何故か便秘がひどくなり、お通じがなくなってしまう日もあるほどで、妊娠中の身にはかなり辛かったのです。

 何日か鉄剤を飲みましたがやはり自分には合わないと感じたので、色々とサプリメントを調べてみた所、DHCさんから出ているヘム鉄というサプリメントを見つけ、飲み始めてみました。

 鉄剤を飲んでいる時のような便秘も解消され、貧血もまったくなくなった訳ではありませんが改善されました。鉄剤を摂りたい時は食事だけではなく、こういったサプリメントも併せて摂らないとならないと思います。

貧血症状の改善にはやっぱりサプリメント。(2013年3月21日)

 もう何年も立ちくらみ、フラつきなど、貧血特有の症状が生理中だけあったのですが、歳とともに、生理中で無くても起こるようになりました。

 お風呂に浸かっていて、出ようと立ち上がると目の前が真っ白になりフラフラします。何かに捕まってないと危険だなと思うほどでした。

 鉄分が多く含まれるレバーやひじき、ほうれん草など、 思いつく食物をできる限り多くとるように心掛けましたが、 改善される事はありませんでした。

 1日分の鉄分がとれるという、ヨーグルトや飲料も併せてとってみると、 少しだけマシになったようにも思いましたが、やっぱりフラフラします。外出時に立ちくらみがすると、しばらくじっとして居なければならず、周りにも迷惑をかけるので、やっと、病院に行くことにしました。

 検査の結果、やはり貧血であるということで、いかにも血が増えそうな ドス黒い飲み薬を処方されました。しかし、それを飲むとムカムカするんです。いわゆる副作用です。薬の効果を感じる前に飲むのを辞めてしまいました。

 そんな時、友達に薦められた貧血に効くと言うサプリメント。 鉄分が多く含まれるサプリメントでしたが、副作用もなく、 しかも効果もあったんです。もっと早くサプリメントを飲めば良かったと後悔するほど、体調が良くなりました。 今では手放せません。