貧血サプリ徹底調査ランキング

貧血の症状や解決方法の口コミ体験談ページ13

鉄のフライパンで貧血解消。(2013年3月9日)

 私は中学生時代、ひどい貧血に悩まされていました。 一年を通して顔は青白く、寝ても起きても身体のだるさが抜けず休みの日は一日の大半を横になって過ごしていました。 身体がだるく、体力も落ちてしまったため勉強や運動にも集中できませんでした。
 貧血がひどく、何をするにも集中と体力が続かない私を見かねて母は料理の全てを鉄のフライパンで行なうことにしました。 今まではすべてテフロン加工が施されたフライパンで料理をしていましたが、黒光りするフライパンで料理をすることになったのです。
 朝・夕の食事に加えお弁当、手作りのおやつまでが鉄のフライパンで作られるようになり私の貧血も日に日によくなっていきました。
 病院から処方される鉄剤の匂いが受け付けない私には、鉄のフライパンによって意識せずに日頃から鉄分を摂取することができたのが良かったのだと思います。 今はみんなテフロン加工のフライパンが主流ですが、鉄のフライパンしかなかった時代に貧血の人が少なかったのはそのためかもしれませんね。
 貧血になってしまうと勉強も仕事も家事の効率も落ちていまうので、私はこれからも鉄のフライパンで貧血の予防・解消をしていきたいと思います。

貧血になった時の対処方法と予防(2013年3月9日)

 私は、貧血で悩んでいた時期がありました。特に身体が弱かったわけではないのですが、普通の人よりは頻繁に貧血になっていたと思います。
 貧血になる時は様々でした。お風呂に長い時間入っていたり、身体に無理がかかるとなっていたと思います。
 貧血の症状としては、立ちくらみに似ていると思います。頭がクラクラしてきて、そのうち立っていられない状態になります。ひどくなると手がしぼみ、手が開けない状態になります。
 貧血の症状がひどい場合は、無理して立っているともっとひどくなりますので、すぐに横になり、足を頭より高く上げることが大切です。外にいる場合は、横になれる場所をすぐに見つけることが必要ですので、できれば近くに入る人に症状を素直に打ち明けることが大切です。
 貧血は鉄分が不足しているとなりやすいと言われていますが、食事をバランス良く食べていれば大丈夫だと思います。それでも不安であれば、鉄分をサプリメントで摂るといいのではないかと思います。