貧血サプリ徹底調査ランキング

貧血の症状や解決方法の口コミ体験談ページ11

貧血で婦人科に通い鉄剤を飲んでいます(2013年3月8日)

 私は40代の主婦です。子宮筋腫の病気があり生理の時に出血量がとても多くて困っていました。
 貧血の症状があり、めまい、立ちくらみ、体調不良などどんどんひどくなってきました。婦人科で血液検査をしてもらったところ、数値が6でした。

 正常の人は12くらいあるそうです。半分の数値で先生も驚いておられました。早速鉄剤を処方していただきました。ひどい時には直接血管から注射で鉄剤を入れる時もあります。鉄剤を飲むと胃が荒れるのです。胃の調子が悪い時には注射に変更してもらっています。食事にも気をつけています。苦手なレバーも積極的に摂取しています。鉄剤入りのドリンクなども飲んでいます。それでもなかなか改善はされません。

 子宮筋腫がある限り生理が続く限り貧血は治らないでしょう。いずれ子宮を摘出すれば貧血も改善されるそうです。覚悟は決めていますが、まだ勇気がありませんよね。まだ手術までいくほど子宮の大きさは大丈夫なのでもう少し様子を見ています。

更年期障害で困ったら。(2013年3月8日)

 40歳を過ぎてしばらくしたらなぜか今までには無かったような発汗とか、不定期の軽いめまい、横になってもしばらくはグルグル回ったような感じで自分に自信が無くなる。あと、倦怠感、だるさなど、つらーいことがいっぱいの更年期障害。だけど食品の取り方で軽くは出来るんです。

 更年期障害に効果があるのは、大豆イソフラポン、マカ、人参などです。これらは特に効きます。 大豆イソフラポンはサプリメントでとると手軽でいいですがマカもサプリメントだといつものことなので意外とお金がかかってしまいます。そのため普通にいつもの食品からおいしく摂取できるように自分で工夫するといいです。

それらを積極的に食べると思ったよりかなり症状が楽になります。それは女性ホルモンの中の一つであるエストロゲンが、卵子の減少と共に少しずつ減っていき、普通であれば守ってくれていた事ができなくなってくるからです。

 それに近い作用をしてくれる食品を補えばいいのでインターネットなどでよく効くものを調べてみるとかなりいい情報が手に入ります。すごくわかりやすくて、ためになる事がたくさん書いてあります。